山口大学医学部付属病院 田口敏彦先生のレビュー

◆田口敏彦先生のプロフィール

 

田口敏彦先生は山口大学医学部を卒業された後、1980年から医療現場での勤務を介しされました。1998年からは山口大学医学部付属病院でのキャリアをスタートされ、現在では同病院の院長となられています。若手医師たちの指導をする教育者として、また地域患者のご対応にあたられる医師として活躍され、信頼される病院づくりに日々お力を注がれています。丁寧できめ細やかな診察、やわらかな物腰で患者さんからの評価も高く、厚い信頼を集めている先生です。

 

 ◆田口敏彦先生のレビュー

 

田口先生が専門とするのは脊椎です。腰痛や背骨の痛みを持つ患者さんにご対応されています。性別、年齢を問わずたくさんの患者さんが田口先生の評価を聞きつけ、山口大学医学部付属病院を訪れています。田口先生へのレビューをひとつご紹介しましょう。

 

母のヘルニア治療でお世話になっています。治療計画が具体的でわかりやすく、身内をおあずけするのもあまり不安ではありませんでした。以前の病院ではしきりに痛みを訴えていましたが、山口大学病院にうつってからはほとんど無くなりました。母は田口先生の人柄も好きなようで、いつもお話するのを楽しみにしています。

慶應義塾大学病院 松本守雄先生のレビュー

◆松本守雄先生のプロフィール

松本守雄先生は1986年に慶応義塾大学医学部を卒業されています。同大学病院で研修医、専修医として経験を積まれた後、1998年には米国ALBANY医科大学に留学にされました。2002年に帰国し、慶応義塾大学に戻り、専任講師、准教授とステップアップを重ね、2015年には医学部教授となられます。明治大学の相沢守助教授や上智大学の研究チームと共に人工骨の研究に取り組み開発技術に貢献しています。テレビ番組に主演し腰痛へのアドバイスをすることもあることから、人気を集めている先生です。

◆松本守雄先生のレビュー

慶応義塾大学病院の整形外科は評価が高く、特に松本先生の腰痛治療は日本一とまで言われています。毎日たくさんの患者さんが松本先生の手によって救われていますが、そんな患者さんの声のひとつに耳を傾けてみましょう。

子供をあやしている時、腰に激しい痛みが走りました。仕事で重い荷物を持つため職業病と諦めていましたが日に日に強くなる痛みに耐え切れずテレビで見たことがあった松本先生にお世話になることにしました。治療はもちろんのこと、仕事上で荷物を持ち上げるときのアドバイスもしていただき、今でも松本先生にお会いできてよかったと思っています。

福島県立医科大学附属病院 紺野愼一先生のレビュー

◆紺野愼一先生のプロフィール

 

1984年に自治医科大学を卒業された紺野愼一先生は、福島県立田島病院の整形外科医ら医師としてのキャリアをスタートされます。1993年から1年間は椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄研究のため、スウェーデンのヨーテボリ大学整形外科に留学されています。 帰国後には福島県立医科大学医学部整形外科での勤務を開始し、現在は教授、脊椎・脊髄外科の医師として多くの患者さんに対応されています。腰痛解説本の著者としても知られ、著書は数多くの腰痛持ちの方に読まれています。

 

◆紺野愼一先生のレビュー

 

紺野先生は整形外科の医師として日々患者さんの対応にあたられています。特に腰痛の診療では評価が高く、数多くの患者さんが先生の治療により救われています。そんな患者さんからの声にひとつ耳を傾けてみましょう。

 

介護の仕事をしていますが、仕事で前傾姿勢になることが多く20代にして腰痛になってしまいました。先輩から紺野先生の評判を聞いて、お世話になることにしました。同じ悩みを持つ患者さんを多く診察されているようで、先生の説明は的を得ているなと感じました。数回通院して今では元気に仕事できていますので、先生には感謝です!職場に腰が痛いという後輩がいて、そいつにも先生のことはオススメしています。

久留米大学病院 志波直人先生のレビュー

◆志波直人先生のプロフィール

 

志波直人先生は昭和57年に久留米大学医学部卒業し、同年4月から同大学病院の整形外科にて医師として勤務されています。平成3年には一年間のアメリカ留学にてMayo医科大学のバイオメカニクス研究所を訪れています。平成4年11月には久留米大学に戻り、平成24年には主任教授に昇任されました。現在は久留米大学の院長として研修医の育成、地域医療の発展に力を注がれています。日本リハビリテーション医学会にも所属しており、研究グループとともに「ハイブリット・トレーニング」の研究も行われています。

 

◆志波直人先生のレビュー

 

志波先生はリハビリテーション、骨粗鬆症において評価が高い先生です。骨粗鬆症でお困りの患者さんは意外と多く、年齢を問わずたくさんの人が志波先生の診察を受けられています。先生の手により健康な生活を取り戻した患者さんの声をひとつご紹介します。

 

背中に激しい痛みが走り、病院に行くと圧迫骨折しているということでした。友人から志波先生のことをオススメされていましたので、紹介状を買いいただき手術とリハビリでお世話になりました。無理のないリハビリ計画でゆっくり回復することが出来、退院後も怪我なく過ごせています。

杏林大学医学部付属病院 市村正一先生のレビュー

◆市村正一先生のプロフィール

 

市村正一先生は昭和55年に慶應義塾大学医学部を卒業されました。昭和57年には同大学病院の整形外科助手として医療現場での勤務を開始されています。平成6年から平成8年までは留学でアメリカに滞在していました。帰国後もいくつかの医療機関にて経験を積まれ、平成15年に現在の杏林大学医学部付属病院に入局されています。平成23年には教授となられ、現在まで教育者、現場医師としてご活躍中です。趣味はスキーで、高校時代から医師になられた現在も続けているそうです。

 

 ◆市村正一先生のレビュー

 

市村先生は脊椎・脊髄疾患を専門としています。たくさんの患者さんが市村先生の誠実な治療により救われてきました。市村先生へのレビューが届いていますのでご紹介しましょう。

 

市村先生には母のヘルニア治療で現在もお世話になっています。母が次第に楽に歩けるようになるのを見ていると本当に市村先生にお願いしてよかったなと思っています。先生の懸命な励ましで、母がヘルニアの克服に前向きになってくれたのが一番うれしいです。

 

 

dog-469x270

群馬大学医学部付属病院 高岸憲二先生のレビュー

◆高岸憲二先生のプロフィール

 

高岸憲二先生は1975年に九州大学医学部を卒業され、現在は整形外科、肩関節外科、関節リウマチを専門とする群馬大学医学部の教授としてご活躍されています。群馬県高校球児へのメディカルチェックや群馬県をホームグラウンドとするサッカーJ2チーム「ザスパクサツ群馬」のチームドクターなど、スポーツ医療への取り組みにも積極的です。患者さんの状態、疾患に合わせた適切な処置で、スポーツへの早期復帰が出来るような治療を行われています。

 

◆高岸憲二先生のレビュー

 

高岸憲二先生は群馬大学医学部付属病院にて、整形外科の医師として医療現場に立たれています。中でもスポーツドクターとして評価が高く、高岸先生の手によって救われたアスリートは数知れません。高岸先生のへのレビューをひとつご紹介します。

 

肩に違和感を感じだして投球が辛くなってきたため、病院に診てもらうことにしました。コーチから紹介されたのが高岸先生でした。初めての診察のときからわかりやすく説明していただきました。早く練習に復帰できるよう配慮してもらったのも感謝しています。

button-604x270

東北大学病院 長谷川 和重先生 のレビュー

先生は初診の方も再診の方もとても優しくて丁寧でゆっくりな説明をしてくれます。
東北大学病院は、今までいろんな病院にかかりましたが一番良い病院だと思います。旦那さんも一番いいと言っています。
長谷川 和重先生が担当だったのですが色んな質問に答えてくれます。不安なことは全てアドバイスしてくれます。
看護婦さんたちもとてもやさしいです。1歳の息子をやむを得なくつれていったのですが、やさしく笑いかけてくれたりもしてくれました。
子供にも大人にも本当にいい病院でしたので、また何かあった際にはお願いしたいです。

pencil-604x270

神戸大学医学部附属病院 黒坂昌弘先生のレビュー

町医者に診察をお願いした際に、大病院で診てもらったほうがいいとのことで神戸大学医学部附属病院を紹介してもらいました。
待ち時間は人が多いのでかなり待ちました。
本なども充実していて、待ち時間は苦にはならなかったです。
自分の番が来て、口頭の説明と、ここが痛む?こうするとどう?的な感じですぐに診断してくれました。
口数は決して多くはないものの、黒坂昌弘先生は何だか話しやすく、フレンドリーな感じがすごく安心しました。
やっぱり患者としては病院は心も体も構えてしまう部分があるので、リラックスまでは出来なくても安心出来るところがあり、スタッフの方、先生方も雰囲気の良く、また何かあったらお願いしたいです。

button-604x270

名古屋大学医学部附属病院 石黒直樹先生のレビュー

股関節の病気で名古屋大学医学部附属病院に通院し始めました。
なるべく早く手術をと言われましたが子供が大きくなるまでは出来なかったので、痛みを少しでも軽減するアドバイスと薬を頂いてましたが、手術の際には、わかりやすく、手術内容などを説明していただき、左足の手術をし、2年後に右足の手術して完治いたしました。
今は家族でお世話になっています。
娘も私と同じ病気ですが、石黒直樹先生のアドバイスで今は元気にしてます。
長いお付きあいですが、これからも利用していきたいと思っています。
患者に寄り添い、適切なアドバイスをしてくれる素晴らしい先生です。
看護士さんもちょっとした愚痴を聞いてくれて、気持ちが楽になります。
他の病院で不安に思ったら相談をおすすめします。

dog-469x270

島根大学医学部附属病院 内尾祐司先生のレビュー

まず、この病院に通院し始めたのが約2年前に遡ります。
小さな町医者へ通っていたのですがぶっきらぼうな物言いで治療方針も一方的でこちらから何か言うとキレる先生がいらっしゃったので別の病院に行きたくなり、知り合いの方に聞いて島根大学医学部附属病院を受診しました。
診察室に入ると担当の内尾祐司先生は物腰が柔らかくとても親切な先生で困っている事や将来についての不安を嫌な顔せず聞いてくださいました。
すぐに治療方針は決まり生物学的製剤の導入を考えましょう、ただ高額なのでよく考えて、資料をお渡しするので知識を得た上で、さらに高額療養費についても聞いた上で決めてきてくださいとの事でした。
注射導入から2週間程で嘘のように痛みがなくなり今に至ります。
長い間休んでいた仕事も復帰し大好きな海外旅行にも行けています。
たまたま治療が適したのもありますがやはり先生との信頼関係が一番だと思います。