内尾祐司先生に執刀してもらった患者さんー島根医科大学医学部附属病院ー

スポーツによりけがをした場合は・・・

専門医にかかるのがいいとされています。

スポーツでけがをしてしまったとある患者さんのレビューを紹介します。


 

大学生の頃、スキーサークル(競技)に入っており、スラロームという種目の練習中に転んで靭帯を痛めました

の場で行った病院では軽く靭帯を伸ばしただけと言われましたが、地元に戻ってから近くの整形外科に行ったところ、切っている可能性があるのでMRIをとりましょうと言われました。

結果を見たところ、前十字靭帯断裂という怪我と診断され、前十字靭帯再建術という、人口の靭帯を足に入れつなぐという手術を余儀なくされました。

整形外科で手術は出来ないので、島根医科大学医学部附属病院への紹介状を書いてもらい、診断に並び手術日を決め、入院日などを決めました。

手術前検査などもあり、大変だったことを覚えています。

執刀医の内尾祐司先生はスポーツの怪我に特化した有名な方らしく、手術してもらえるのはラッキーだよと言われたので安心しきっていました。

手術は成功したが待っていたのは過酷なリハビリ

手術の後、2.3日経ってから大学病院のリハビリ科で足を動かすリハビリが始まりました。
左足を全く使えず筋肉がなくなってしまうため、太もも裏の筋トレなども行いました。ですが、痛みが強く上手く動かせなかったことを覚えています。

リハビリは主にひざ裏にやわらかいポールを入れ、太ももに力を入れる、ひざがガチがちになっているため、曲げ伸ばしの練習(かなり痛くて最初は全く伸ばせませんでした。)、ひざの動きを良くするため、ひざ小僧のマッサージなどがメインでした。リハビリ科の先生もとても優しく、入院中毎日のリハビリも苦ではありませんでした。

1週間に一度、執刀医の内尾祐司先生が診に来て足の状態を確認してくれます。

私は手術から3.4日頃から猛烈に痛みが出て夜も寝付けないというのが続いたのですが、診察の時に「何もないよね?大丈夫だよね?」と言われて大して見てくれなそうだったので、痛みがひどくて寝付けないことを伝えたらやっと包帯を取って状態を確認してくれることになりました。私のひざにはかなりの血が溜まってしまっていたようで、注射で3本分ほどの血を抜き取ってもらいました。「こりゃ痛いわ」と軽い感じで言われた時は少し嫌悪感を抱きましたが、その後はさっきまでの痛みが嘘のようになくなり感動しました。

入院1週間ほどで少しだけ足が曲がるようになったころ、リハビリも自転車のようなものを使い、太もも裏の力がどれだけあるかのチェックなども始まりました。

かなり軽いものでも筋肉がなくなってしまっていて踏み込めませんでした。退院後は近くの整形外科で筋トレの毎日で、2週間-1ヶ月に1度程大学病院に行って確認してもらう感じで終わりました。長いリハビリ生活でした。

 

島根医科大学医学部附属病院のスタッフの皆様

執刀していただいた内尾祐司先生には本当に感謝です。

ありがとうございました。

山本謙吾先生に変形性股関節症で診察を受けました。

変形性股関節症と診断された!

数週間前に山登りというほどでもないのですが、ハイキングに行ったのでその時の筋肉痛がまだ残っているのだろうなくらいに思っていたので、病名がつくとは思わなかったのです。
足の付け根が痛くて、階段の上り下りがきついので、どうせなら大きな病院で診てもらおうと思い、東京医科大学病院の整形外科にいきました。
その際に担当して頂いた先生が山本謙吾先生でした。
山本謙吾先生は整形外科の主任教授らしく、いきなり主任教授に診てもらってラッキーという気持ちと、申し訳ない気持ちでしたが、山本謙吾主任教授は加齢と、時間の経過とともに悪化するとのことで、早いうちに診断してもらってよかったといわれました。
それでもこれが病気なのかという感覚であまり深刻にとらえておらず、とりあえずどうすればいいのかだけ聞いて帰宅しました。
私の場合、痛みで歩けなくなるといったことはなくかなり初期の段階ですが、深刻になると歩けなくなるくらい痛くなるそうです。
筋肉トレーニングが効果的だといわれたので、近所のジムに申し込み、水中歩行するようになりました。

薬物療法、すなわち痛み止めの処方とトレーニングだけで済んでいるので今のところ日常生活に不便はなくとてもありがたく思っています。
山本謙吾先生も食事療法もできれば取り入れてもらいたいけれど、それほど太めの体格でもないので、無茶をしなければ普段通りで大丈夫でしょうとおっしゃってくれました。
悪化すると人工関節を入れて関節を切ったり、向きをかえたりしなければならないらしく、考えただけでも難しそうな、アフターケアが大変そうな印象を受けました。
最近は若い人でも発症する病気らしく、必ずしも珍しくない疾患だそうですが、大学病院の整形外科は股関節外科の専門医もおられるとのことで、将来的に手術を選択するにしても通院を続けていくほうがよいと判断してくださいました。
ゆるみ、脱臼、感染、破損といった問題も人工関節の場合には避けられなくなるため、今のうちに一生懸命トレーニングをしておかなくてはと気を引き締めています。
ストレッチの勉強も始めてみて、体を動かすだけでなく、筋肉、特に股関節を意識してストレッチができるようになりました。
おかげで腰痛を感じづらくなり、股関節をリラックスさせる方法が体で理解できるようになってきました。
ベッドや布団の高さ、椅子の硬さなども見直してみて、体が楽になるようなものはどんどん取り入れるようにしています。
今まで気をつけていなかった生活習慣についても健康は体の基本だと考えて、食事や睡眠などにも気を配るようになってきました。
グルコサミンやプロテオグリカンなどのサプリメントも試してみましたが、特に効果がなかったように思えたので3か月ほど試してみてから終了しました。
エクササイズがあまり好きなほうではないのですが、プールが意外にも楽しく、体も気分も楽になります。
整体もこれから自分にあったところを探してみようかと思っています。

山本謙吾(整形外科主任教授)に診てもらいました – 東京医科大学病院 –

外反母趾治療で東京医科大学病院の整形外科の山本謙吾に診てもらいました。


 

自分が外反母趾だと自覚を持ったのは、20代後半のことでした。ファッションに興味を持つようになってから、スタイルを良く見せたい、脚を長く見せたいという気持ちが強くなり、必然的にヒールの高い靴を好んで履くようになりました。

ヒールに慣れていない最初の頃は、歩き方が不自然になったり、足首をひねってしまったり、多少の苦労はありました。

しかし毎日のようにヒールの靴を履いていると、ヒールのない靴やスニーカーを履くと逆に歩きにくく感じるようになってしまいました。

自分の足はヒールの靴に合っていると思い、特に痛みを感じることもなかったので、まさか自分が外反母趾になるとは思ってもいませんでした。

少しずつ足の痛みを感じるようになり、ある夜に自分の足を見たら、左右共に親指の骨が出ていることに気付きました。

外反母趾に対して多少の知識はあったので、これがそうなのかと思いましたが、1日ヒールの靴を履いていると夜に少し痛みが残る程度だったので、その時点では病院へ行くという発想はありませんでした。

痛みが治まるかとおもいきや、痛みは増すばかり・・・・

しかし徐々に痛みが増し、どんどん骨が飛び出てきてしまっていることが怖くなり、勇気を出して東京医科大学病院の整形外科を受診することに決めました。

大学病院は長く待たされるという印象がありましたが、私が小学生の頃に腕の骨を折ってしまったことがあり、その時に東京医科大学病院の整形外科の先生がとても親切にしてくれたことが忘れられず、今回の受診を決意しました。

受診の当日、担当は整形外科の主任教授である山本謙吾 氏でした。

私はかなり緊張していましたが、外反母趾は重症になると、手術も視野に入ります。

正直なところ、もし手術をしなければならなくなったらどうしようと不安でいっぱいでした。

ここまで放置していた自分に対して後悔の気持ちを抱きながら、山本謙吾先生に足の状態を見てもらったところ、この程度なら装具治療で改善できると言われました。

手術の心配は取り越し苦労で、心からほっとしました。

その後、自宅でできる装具の説明を丁寧に教えてもらい、さらに簡単なトレーニング方法も伝授してもらいました。

そのトレーニングとは、タオルを使用して足の指を鍛えるものです。

普段あまり動かすことを意識していないので、かたくなってしまっていたようです。

しかし毎日トレーニングを行ったところ、少しずつ関節がやわらかくなっていくことが実感でき、今は十分に関節が動かせるようになりました。足の痛みや骨の出っ張りは、現在のところ改善しています。

今は毎日のようにヒールの靴を履くことはやめました。

しかし社会人として全く履かないというわけにもいかず、長時間履き続けることは控えて、短時間だけという制限を設けるようになりました。

それが功を奏しているのか痛みが出ることはほとんどなくなり、装具はつけていませんが、今後も足指のトレーニングは続けるつもりです。

紺野愼一の受診レビュー紹介 福島県立医科大学附属病院

福島県立医科大学附属病院 紺野愼一の受診レビューがありました。紹介しますね。

急に腰の痛みを感じ、どうしたらよいかわからない私は友人より、大きな病院がいいよとのことで、近くの福島県立医科大学附属病院に向かいました。初め、どこの科で診てもらうのべきなのか分からず受付で聞いたところ整形外科を受診するよう言われました。

 

福島県立医科大学附属病院での受信は初めてだったので多少不安もありましたが、その心配はまったくの無意味でした。私が感じていたイメージは大きな病気でないと受診してもらえないというものでしたが、これも誤りであったことに気が付きました。対応していただいた先生方もとても親切で、安心して相談することができました。

腰痛の中にも症状や病状がたくさんあり、素人の私にとっては分からないことばかりでした。

たいした症状ではないと思っていても、不安はなかなか拭うことができません。

今回、私が大学病院を選んだのは設備が充実しているという理由からでした。

近くに個人病院もありますが、一度しっかりと診てもらいたいと思っていたため選びました。

結果として、その判断は正しかったと思います。原因を究明し、正しい処置をすることが症状を改善する最善の方法です。それを実現するには設備の充実は欠かせないと考えていました。

待ち時間はやはり長かったですが私の順番になりました。担当していただいた紺野愼一という先生は、とても優しそうないい感じの方でした。

私の腰痛の原因は加齢によるものでした。紺野愼一先生の話では加齢とともに発症される方は多く、中には変形関節症になる方もいるようです。そういった重い症状になる前に診てもらい良かったと感じています。紺野愼一先生の診断を受け、痛み止めを処方していただきました。

痛み止めを飲み、しばらく様子を見ているうちに痛みは徐々に引いていきました。今回は比較的、症状もひどくなく痛みが引くのも早かったのですが症状が重い場合は痛みが引かないそうです。

そういった可能性を取り除くことができたことも大学病院を選んで良かった点です。整形外科で診てもらう経験も少なかった私にとって大学病院は少し怖いイメージがありました。何事も経験のないことは不安に感じるのかもしれません。

そういった点からも今回受診することが良かったと感じています。また、紺野愼一先生に症状を相談しながら治療を進めることで不安を徐々に取り除いていくことができました。市販薬で様子を見ることも一つの手ではありますが、やはり専門的な知識を持った人に相談することで正しい治療方針を立てることができます。

私の場合は急な痛みであったため、腰痛の知識を持ち合わせていませんでした。そのため、最適な治療が分からない状態でした。もし、私と同じように急な腰痛に悩んでいる方は一度しっかりと診てもらうことをおすすめします。

斉藤知行ってどんな人?横浜市立大学附属病院の先生の評判

横浜市立大学附属病院の斉藤知行を調べてみたら昔診察を受けた人のレビューがありました。皆さんに紹介します。参考にしてくださいね^^


私は学生時代にスポーツをしていて、無理な練習で腰を痛めました。

座って授業を受けているだけでも辛い状況で、とても苦労しました。

スポーツをしなくなってから、少し腰は良くなっていたのですが、年齢と共に再び腰が痛くなり始めました。

あまりにも腰が痛くて、夜もまともに眠れず、睡眠不足の日々が続きました。仕事もデスクワークのため、常に腰が痛くなり、仕事にも全く集中ができませんでした。
一人で悩んでいても仕方がないので、治療をすることにしました。

インターネットで調べ、近くの横浜市立大学附属病院の整形外科で診てもらうことにしました。

担当は斉藤知行という先生でした。

今まで、色々な市販の製品で腰痛対策をしてきたのですが、全く効果がなかったので、腰が良くなるのか本当に不安でしたが、斉藤知行先生は必ず良くなると言ってくれました。

お金はかかりますが、良くなると言ってくれた斉藤知行先生を信じて、大学病院に通い続けることにしました。
通い続けているうちに、腰は徐々に回復していきました。効果が感じられるまでは、非常に不安だったのですが、腰が良くなってくるのを少しでも感じることができたときは、安堵しました。斉藤知行先生からは自宅での治療法も教えていただき、日頃から実践するように心掛けました。頑張った甲斐あってか、今では腰が完全に回復し痛みは消えました。
腰痛の原因の一つには、姿勢の悪さもあったようで、再発しないように今は姿勢を正しくするようにしています。横浜市立大学附属病院の斉藤知行先生は、本当に親切に腰痛について説明してくれたので、すごく助かりました。過去に整骨院に通ったこともあったのですが、効果がなかったので、横浜市立大学附属病院に行って良かったです。
今では腰が本当に軽くなり、趣味でスポーツも楽しめるようになりました。以前は、少しジョギングしただけで、腰が痛くなり動けなくなっていたのですが、今は全く問題ありません。仕事も集中できるようになり、全てが良い方向に向かいようになりました。

治るかどうかわからず、病院に通うのを避けいたのですが、もっと早くに病院へ行けばよかったです。
インターネットなどで調べて、自己流で治療をするのではなく、ちゃんと大学病院の先生に診てもらうことをおすすめします。
腰痛の予防対策についても、斉藤知行先生より細かく教えてくれたので、再発しないように努めていきたいと思います。これからの将来についても非常に前向きになれるようになりました。

色々なことに積極的になり、周りからの評価も高くなったと感じています。思い切って治療に踏み出して本当に良かったです。

山口大学医学部付属病院 田口敏彦先生のレビュー2

まだ運転免許を取って一年足らずの時に、大きな事故をやってしまい、脊椎を損傷しました。脊椎といえば神経が通っているから、麻痺とか後遺症が残るのかなと心配になりました。

その時のことは事故のショックと後遺症のことなど色んな事で頭がいっぱいになってしまい、パニックとも落ち込むでも、悲しいでもない複雑な心境でした。
僕の担当を勤められた田口敏彦先生は、治療の説明に入る前に、まず落ち込む僕を励ましてくれたんです。手術とその後のリハビリをきちんとやれば症状は改善に向かう、と理路整然と説明してくれました。何かとても勇気づけられたことを覚えています。先生にとっては僕なんて多くの患者の一人に過ぎないかもしれないけど、僕からすれば、もう太陽みたいに偉大な存在に感じました。
幸い、それほどひどい状態ではなかったらしく、田口敏彦先生の手術で麻痺が残ることもありませんでした。田口敏彦先生の適切な処置がよかったんだと思います。

以降、リハビリと、先生のアドバイス、看護師さんたちの献身的な手助けのおかげで、周りの人たちと一緒に普通の生活ができています。

脊椎はいろんな神経が通っている部分なだけに事故した時は本当に人生が終わったとも思っていましたが、技術のある先生に診ていただけたことに本当に感謝しています。

山口大学医学部付属病院 田口敏彦先生のレビュー

◆田口敏彦先生のプロフィール

 

田口敏彦先生は山口大学医学部を卒業された後、1980年から医療現場での勤務を介しされました。1998年からは山口大学医学部付属病院でのキャリアをスタートされ、現在では同病院の院長となられています。若手医師たちの指導をする教育者として、また地域患者のご対応にあたられる医師として活躍され、信頼される病院づくりに日々お力を注がれています。丁寧できめ細やかな診察、やわらかな物腰で患者さんからの評価も高く、厚い信頼を集めている先生です。

 

 ◆田口敏彦先生のレビュー

 

田口先生が専門とするのは脊椎です。腰痛や背骨の痛みを持つ患者さんにご対応されています。性別、年齢を問わずたくさんの患者さんが田口先生の評価を聞きつけ、山口大学医学部付属病院を訪れています。田口先生へのレビューをひとつご紹介しましょう。

 

母のヘルニア治療でお世話になっています。治療計画が具体的でわかりやすく、身内をおあずけするのもあまり不安ではありませんでした。以前の病院ではしきりに痛みを訴えていましたが、山口大学病院にうつってからはほとんど無くなりました。母は田口先生の人柄も好きなようで、いつもお話するのを楽しみにしています。

慶應義塾大学病院 松本守雄先生のレビュー

◆松本守雄先生のプロフィール

松本守雄先生は1986年に慶応義塾大学医学部を卒業されています。同大学病院で研修医、専修医として経験を積まれた後、1998年には米国ALBANY医科大学に留学にされました。2002年に帰国し、慶応義塾大学に戻り、専任講師、准教授とステップアップを重ね、2015年には医学部教授となられます。明治大学の相沢守助教授や上智大学の研究チームと共に人工骨の研究に取り組み開発技術に貢献しています。テレビ番組に主演し腰痛へのアドバイスをすることもあることから、人気を集めている先生です。

◆松本守雄先生のレビュー

慶応義塾大学病院の整形外科は評価が高く、特に松本先生の腰痛治療は日本一とまで言われています。毎日たくさんの患者さんが松本先生の手によって救われていますが、そんな患者さんの声のひとつに耳を傾けてみましょう。

子供をあやしている時、腰に激しい痛みが走りました。仕事で重い荷物を持つため職業病と諦めていましたが日に日に強くなる痛みに耐え切れずテレビで見たことがあった松本先生にお世話になることにしました。治療はもちろんのこと、仕事上で荷物を持ち上げるときのアドバイスもしていただき、今でも松本先生にお会いできてよかったと思っています。

福島県立医科大学附属病院 紺野愼一先生のレビュー

◆紺野愼一先生のプロフィール

 

1984年に自治医科大学を卒業された紺野愼一先生は、福島県立田島病院の整形外科医ら医師としてのキャリアをスタートされます。1993年から1年間は椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄研究のため、スウェーデンのヨーテボリ大学整形外科に留学されています。 帰国後には福島県立医科大学医学部整形外科での勤務を開始し、現在は教授、脊椎・脊髄外科の医師として多くの患者さんに対応されています。腰痛解説本の著者としても知られ、著書は数多くの腰痛持ちの方に読まれています。

 

◆紺野愼一先生のレビュー

 

紺野先生は整形外科の医師として日々患者さんの対応にあたられています。特に腰痛の診療では評価が高く、数多くの患者さんが先生の治療により救われています。そんな患者さんからの声にひとつ耳を傾けてみましょう。

 

介護の仕事をしていますが、仕事で前傾姿勢になることが多く20代にして腰痛になってしまいました。先輩から紺野先生の評判を聞いて、お世話になることにしました。同じ悩みを持つ患者さんを多く診察されているようで、先生の説明は的を得ているなと感じました。数回通院して今では元気に仕事できていますので、先生には感謝です!職場に腰が痛いという後輩がいて、そいつにも先生のことはオススメしています。

久留米大学病院 志波直人先生のレビュー

◆志波直人先生のプロフィール

 

志波直人先生は昭和57年に久留米大学医学部卒業し、同年4月から同大学病院の整形外科にて医師として勤務されています。平成3年には一年間のアメリカ留学にてMayo医科大学のバイオメカニクス研究所を訪れています。平成4年11月には久留米大学に戻り、平成24年には主任教授に昇任されました。現在は久留米大学の院長として研修医の育成、地域医療の発展に力を注がれています。日本リハビリテーション医学会にも所属しており、研究グループとともに「ハイブリット・トレーニング」の研究も行われています。

 

◆志波直人先生のレビュー

 

志波先生はリハビリテーション、骨粗鬆症において評価が高い先生です。骨粗鬆症でお困りの患者さんは意外と多く、年齢を問わずたくさんの人が志波先生の診察を受けられています。先生の手により健康な生活を取り戻した患者さんの声をひとつご紹介します。

 

背中に激しい痛みが走り、病院に行くと圧迫骨折しているということでした。友人から志波先生のことをオススメされていましたので、紹介状を買いいただき手術とリハビリでお世話になりました。無理のないリハビリ計画でゆっくり回復することが出来、退院後も怪我なく過ごせています。